210313|プレスリリース|水産総合研究センター

プレスリリース

平成21年3月13日
(独)水産総合研究センター
「地球温暖化とさかな」出版記念シンポジウムの開催について


 独立行政法人水産総合研究センターは、「地球温暖化とさかな」(水産総合研究センター叢書、(株)成山堂書店)の出版を記念して下記のとおりシンポジウムを開催しますのでお知らせします。

 当センターでは、水産分野における豊富なモニタリングデータをもとに、温暖化の影響評価を進めてきました。また、昨年7月には「水産総合研究センター地球温暖化対策研究戦略」を策定し、より水産資源の安定供給、水産経営の発展に資する研究開発に取り組んでいます。今回の叢書「地球温暖化とさかな」は、当センターの研究職員らがこれまでの温暖化の影響と対策について取りまとめたものです。

 シンポジウムでは、いま、徐々に進行しているといわれる地球温暖化が海と魚にとってどんな影響があるのかを食卓でもおなじみのサケ、サンマ、スルメイカなどについて、これまでの研究成果を基に予測を紹介します。さらに、地球規模の視点で、温暖化の予測技術や影響評価、リスク管理について第一線の研究者の方の招待講演も予定しています。このシンポジウムは水産関係者をはじめ広く一般の方にも分かりやすい内容としていますので、是非ご来場ください。


  •  「地球温暖化とさかな」出版記念シンポジウム
  •  
  •  ○日  時:平成21年3月30日(月)14:00~17:00
  •  ○会  場:虎ノ門パストラルホテル 新館5F マグノリア
         (東京都港区虎ノ門4-1-1)
  •  ○講  演:別紙のとおり

  なお、入場は無料ですが、事前参加申し込みをお願いします。ホームページ (http://www.fra.affrc.go.jp/gwsympo/)、FAX等で受付中ですので、お早めに申し込みください。


本件照会先:
独立行政法人 水産総合研究センター
経営企画部 広報室 スポークスマン 本間広巳 TEL:045-227-2624
       広報コーディネーター 関根信太郎 TEL:045-227-2622