201122|プレスリリース|水産総合研究センター

プレスリリース

平成20年11月22日
独立行政法人水産総合研究センター
国立大学法人九州大学
大学共同利用機関法人自然科学研究機構
世界初!マナマコの放卵・放精(生殖行動)を誘発する神経ホルモンを発見
-マナマコの大量生産可能に-


 九州大学(吉国通庸 大学院農学研究院教授:研究代表者)、自然科学研究機構(大野 薫 基礎生物学研究所助教)、水産総合研究センター(山野 恵祐 養殖研究所チーム長)の共同研究グループは、マナマコの神経から放卵・放精などの生殖行動を誘発する神経ホルモンの解明に世界で初めて成功しました。

 今回の研究成果は、独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構生物系特定産業技術研究支援センターが実施する「新技術・新分野創出のための基礎研究推進事業」の平成18年度採択課題「水産無脊椎動物の生殖腺刺激ホルモンの解明と応用(研究代表者:吉国通庸 教授)」の研究の一環として共同研究グループが行ったもので、米国発生生物学会誌(Developmental Biology誌)に掲載されます。


別紙資料
本件照会先:
独立行政法人 水産総合研究センター
養殖研究所生産技術部 繁殖研究グループチーム長 山野恵祐 TEL:0599-66-1830
経営企画部 広報室 スポークスマン 本間広巳 TEL:045-227-2624

国立大学法人 九州大学
大学院農学研究院動物資源科学部門 教授 吉国通庸 TEL:0940-52-0163
九州大学 広報室 福島 泰 TEL:092-642-2106

大学共同利用機関法人 自然科学研究機構
基礎生物学研究所 助教 大野 薫 TEL:0564-55-7555
基礎生物学研究所 連携・広報企画運営戦略室 倉田智子 TEL:0564-55-7628