200610|プレスリリース|水産総合研究センター

プレスリリース

平成20年6月10日
独立行政法人水産総合研究センター
水産業の発展に役立つ技術を伝える「水産技術」の創刊


 独立行政法人水産総合研究センターと社団法人日本水産学会では、水産業に役立つ技術をいち早く伝え、最新技術の活用を促進することを目的に、このたび技術論文誌「水産技術」を年2~4回刊行することとしました(創刊号は本年9月末刊行予定)。

 本誌は、水産業に関わる技術開発の成果を、技術開発の先端を走る研究者や生産の現場で活躍する技術者等の水産業に携わる多くの方々に紹介します。また、水産技術に関心がある方々に愛読されることを願うとともに、これまで記述されてこなかった様々な技術が次の世代に伝承していくような誌面作りを目指していきます。

 本誌は、技術の普及を最優先と考え、独立行政法人水産総合研究センターのHP等で全文を公開する予定です。

 なお、原稿は随時募集していますので投稿をよろしくお願いします。


名   称:水産技術(英名:Journal of Fisheries Technology)
発行体制:監修     社団法人日本水産学会
       編集・発行 独立行政法人水産総合研究センター
投稿資格:投稿者に制限はありません
問い合わせ:企画・編集事務局 業務推進部栽培管理課 清水智仁 TEL 045-227-2717

投稿要領はhttp://www.fra.affrc.go.jp/bulletin/bull-index.htmlにて公開しています。


参考資料

本件照会先:
独立行政法人 水産総合研究センター
経営企画部 広報室 スポークスマン 本間広巳 TEL:045-227-2624
業務企画部 チーフ研究開発コーディネーター 有元 操 TEL:045-227-2710