191101|プレスリリース|水産総合研究センター

プレスリリース

平成19年11月1日
独立行政法人水産総合研究センター
海洋データ解析センター新設


 独立行政法人水産総合研究センターは、組織の一部を改編して中央水産研究所内に「海洋データ解析センター」を平成19年11月1日に設置しました。

 近年、水産資源変動要因の解明、地球温暖化の影響評価、大型クラゲの出現予測等の研究課題において、海水温や海流、海洋生物の動態を数値シミュレーションで解析するモデル研究の重要性が急激に増大しています。 これらに的確に対応するため、その海洋変動予測モデルの開発及びその基礎となる広域データの収集・解析を効率的に推進する研究体制を整備することとし、全国対応の研究拠点となる部署として、海洋データ解析センターを新設しました。

 海洋データ解析センターを中心に、全国の研究機関の連携を強化し、海況変動予測や資源動向予測に関する技術開発及びその基盤となる研究を推進していきます。


 (参考資料
本件照会先:
独立行政法人 水産総合研究センター
経営企画部 広報室 スポークスマン 本間広巳 TEL:045-227-2624
中央水産研究所 業務推進部長 入江隆彦 TEL:045-788-7615