190601|プレスリリース|水産総合研究センター

プレスリリース

平成19年6月1日
独立行政法人水産総合研究センター
大型クラゲによる漁業被害を軽減させる技術に関するシンポジウムの開催について


 大型クラゲは近年頻繁に大量出現し、漁業に大きな被害を与えています。 その漁業被害を軽減するために、独立行政法人水産総合研究センターでは、国の事業を通じ、技術開発や支援を行ってきました。 また、現場の独自の発想から新しい技術開発も行われてきました。
 水産工学研究所では、これらの成果情報を、漁業生産現場を含めた関係者と共有するため、下記によりシンポジウムを実施することにいたしました。

1.開催日時   平成19年6月19日(火)13:30~17:00

2.開催場所   石川県水産会館5Fホール(石川県金沢市北安江3丁目1-38)地図

3.プログラム   別紙のとおり

なお、当シンポジウムの入場は無料です。


本件照会先:
独立行政法人 水産総合研究センター
経営企画部 広報室 スポークスマン 本間広巳 TEL:045-227-2624
水産工学研究所 業務推進部長 武内智行 TEL:0479-44-5926
  漁業生産工学部長 小田健一 TEL:0479-44-5941
  漁法研究室長 長谷川誠三 TEL:0479-44-5951